夜は短し歩けよ阿呆

アイドルのおはなし

NEVERLANDは終わらない

お題「私のNEVERLAND」

 

 あれからもう10日が経ちました。

ここがこうでこうだった!とか細かい感想を書きたかったんだけど、スーパーポンコツなわたしの記憶力と語彙力では「やばい」「最高」しか言えないのでやめました。

NEVERLANDの話というより、NEVERLANDを通して感じたNEWSの話をします。

 

 

 

 

昨年の6月11日、わたしは東京ドームで初めてNEWSに会いました。ご縁でお誘いいただいたその日、「これがNEWSか…」とキラッキラアイドルな4人にドキドキしっぱなしでした。

 


そして1年後の今年6月11日、東京ドームで再びNEWSに会いました。ツアー2017「NEVERLAND」。本当に本当に夢の世界でした。

圧倒的歌唱力でドームを包み込むまっすー。軽快な煽りで会場を盛り上げる慶ちゃん。独特の世界観で会場を酔わせるシゲアキくん。R-18のセクシーさで全ドームを抱いたテゴちゃん

この日の4人もキラッキラのアイドルでした。

 

 

 

どんなステージかな?曲は何歌うんだろ?とチケットが届いてから会場に入るまで、いろんな想像してました。けど、そんな想像を遥かに超えるドキドキしっぱなしの構成、演出…。

炎、水、光に照らされて歌って踊るカッコいいNEWS。笑顔で楽しそうにファンに手を振る可愛いNEWS。いろんなNEWSがいっぱい詰まった幸せな時間でした。4人がファンのために考えて、力を合わせて作り上げた夢の国なんだと感じました。

 

 

 

 

実は、この公演に入るまで不安でした。
ツアー期間中、色々なことがありました。様々な所で「あいつは早く辞めろ」「もう解散するんじゃね」という悲しい言葉をたくさん聞きました。

絶対絶対絶っ対!にあり得ない!と思ってはいても、「解散しちゃったらどうしよう…」と心のどこかで心配な気持ちがありました。

 

 

そんな不安を吹き飛ばしてくれたのはシゲアキくんでした。コンサート最後の一人一人の挨拶の時、

「NEWSはずっといるから!!!!」

と力強く言ってくれたシゲアキくん。一番聞きたかった言葉を、一番信じられるメンバー本人の口から聞くことができて、心からホッとして、とても嬉しくて涙が止まりませんでした。
シゲアキくんだけじゃなくて、慶ちゃん、まっすー、テゴちゃんは真っ直ぐにぶつかってきてくれるから、発した言葉はすごく響くし、信じよう!と思えるんです。

 

 

 最後のU R not aloneの大合唱、五万五千人それぞれどんな事を思いながら歌ったかはわかりません。歌わなかった人もいるかもしれません。
わたしは、NEWSに(ありがとう、頑張って、大好きだよ)という気持ちを込めて歌いました。真っ直ぐにぶつかってきてくれる彼らなので、ファンのどんな想いも真っ直ぐに届いてると信じています。

 

 

わたしは4人になってからのNEWSファンとしては新規です。でもその短い間にたくさんの愛をNEWSからもらいました。

「これからもNEWSについてきてください!!」

と言ったシゲアキくん。わたしにできることはこの言葉を信じてついて行くことだけだけど、ついて行くことでたくさんの愛を返していきたいです。

 

 

これから先も辛いことや悲しいことが必ずあると思います。だけど、何があってもわたしはこれだけは譲りません。胸張って叫びます。

 


NEWSが大好きです!!!!

 

 

 

 

 

 

シゲアキとゲテモノ

ゲテ喰い担当加藤シゲアキ大先生を担当している身として同じものを食べてみたい!!

と思い立ち食べてきた。


今回は「米とサーカス」というジビエ料理の食べられる高田馬場にあるお店へ。ゲテモノ初挑戦なので、お手柔らかに肉系を攻める。



まずワニ。

天ぷらでいただく。ぷりぷりでしっかりした歯応え。味は鶏肉っぽくて、食感は魚の肉みたいだった。軽い口当たりで何個でもいけちゃうやつ。


次は大本命のカラス。

暗黒煮込みというメニュー名にぴったりの真っ黒なスープに漬かった真っ黒な骨つき肉が登場。わくわくして箸でつつくとすぐ崩れちゃうくらい柔らかい!ホロッホロ!羽の骨も入っててテンション上がった!カラス食べてる感すげ〜〜!ただこれめちゃくちゃスープの味が染みてて肉本来の味はよくわからなかった。カラス肉は臭いって噂だけど、だからしっかり味付けしてるのかな?ちなみにカレー風味だったよ。


ラストはラクダ。

とんぺい焼きで実食。うっすい肉でカリカリしてた。ただこれも間に紅ショウガ入って卵で包まれてたから、肉の味はよくわからなかった。ざんねん。



この日はお腹いっぱいでこれで終了。


感想は、、全部おいしい!!!

シゲアキ先生こんなもの食べてたのね。おいしいじゃないの。でも昆虫はさすがに勇気出なくて食べられなかったのでやっぱりシゲアキはすごい!かっこいい大好き!!(←結局)



肉本来の味を食べてみたいのと、他のもっと攻めたゲテモノも食べてみたいのでまた行ってこよう。そうこうしてるうちに虫も食べられるようになったりして!


自担が連ドラ決まったよ!

書きたいことは他にもいろいろあったんだけど、取り急ぎ…


濵田崇裕連ドラ出演おめでと〜〜!!!!


もうすっっっごく嬉しい!!毎週濵ちゃんが見られるんだよ!幸せ〜〜!一週間のイライラも一瞬でパーン!


何よりも濵ちゃんの実力が認められたんだなってのが一番嬉しい!時代が濵田に追いついた〜〜!!

QUARTETTOに行ってきた!

2016.6.11@東京ドーム

お友達にお誘いいただいて、お邪魔してきたよ!



一言で表すとね、美しかった!!



衣装はモフモフのマントとかマッピングみたいのとか豪華でスタイリッシュだったし、演出も素敵で、ローラースケートだと思ったらまさかのセグウェイには笑ったけど、四銃士のオーケストラの生演奏は特に圧巻で鳥肌ものだった。iPodで聞くともう物足りなく感じちゃう。困った。



セトリも、最近のだけじゃなくて昔の曲も結構やってくれて、しばらくNEWSから離れていたわたしでも楽しかった!…と言いつつ離れてた割にほとんどの曲知ってたし、振りもちゃんと覚えてた自分、、ヲタク万歳。




もちろん本人たちも素晴らしくキラッキラしててね、あ〜これがアイドルか〜〜!とアホっぽい感動をしたね。

メンバーを初めて生で見たんだけど、慶ちゃんのお顔の綺麗さにため息が止まらなかった。アンコールのうさ耳バンダナはまじ女子。あざとい。てごにゃんとまっすーはいい意味でテレビで見るまんま。THE・アイドル☆抜群の歌唱力。


そしてシゲアキさんね…ふふ…やられましたよ。

MC中のおふざけシゲアキ。滑舌が悪くて何言ってるかわからないシゲアキ。歌に入った途端急にカッコよくなるシゲアキ。完っっっ全にわたしのタイプ!!!(うるさい)

誘月で前髪ポンパにしてきた時、めったに上げない悲鳴出ちゃったし、ガチで膝から崩れ落ちた(笑)


一緒に行った子に、終演後に「誰がよかった?」って聞かれて食い気味に「シゲ!!」って答えたら「やっぱり。絶対好きだろうなって思った」って言われた。バレてた。




NEWSは草野くんが好きだったから、彼が辞めてから少し離れちゃったけど、今回ライブに行ってNEWS、好きだわ!って思った。

人数が減って苦しい時期を一緒に過ごしては来れなかったけど、これからさらに高みを目指す彼ら4人の背中を、離れてた分の気持ちも込めて追いかけて行きたいな。



慶ちゃんが最後に

「大切な時間を僕たちと過ごしてくれてありがとう」

って言ってたけど、こちらこそありがとうだよ!また絶対会いに行きます!





市場三郎〜温泉宿の恋〜

気づけばめでたく閉幕いたしました市場三郎〜温泉宿の恋〜。


濵田座長、キャストのみなさん、スタッフさんお疲れさまでした!そしてとっても楽しい温泉宿に連れて行って頂きありがとうございました!いいお湯加減でございました〜





今更だけど感想書くね。ちなみに温泉浸かりに行ったの東京初日。おっそーいうえに長いです。




待ちに待った公演当日。外の看板やのぼりの写真を撮りながら会場入りをすると、ライブかな?ってくらい圧倒的若い女子率!さらになんの前情報もない舞台に場内もわくわくそわそわなんとも言えない雰囲気。

そんな中、濵ちゃんによるたどたどしい(笑)キャスト紹介映像が流れる。

その時点で濵ちゃんがどれだけ愛されているかということが伝わってきてほっこり…。それとともにキャストさんのキャラの濃さにこれはいったいどんな舞台になるんだ…そもそも歌喜劇ってなんなんだ…!と倍増するワクワク感。



そして大堀さん扮するCAの唐突な登場から始まった慰安旅行。これがまた開演前のワクワクを裏切らないどころか斜め上をいく面白さ!なるほどこれが歌喜劇!



次々出てくる濃いキャラとキャストの方々の演技力に圧倒され、濵ちゃんの歌唱力、肉体美とアクロバットに惚れ惚れしつつ、散りばめられたシュールなネタと突然始まる歌にずーっと笑いっぱなし!まりゑさんの歌唱力半端なさすぎて逆に笑えたよね。




ストーリーや演出が面白いのはもちろん、市場三郎そのものにも惹きつけられました。

ポンコツなんだけど素朴で真っ直ぐで誠実。なんか応援したくなっちゃう。周りの人たちもなんだかんだ言いつつ三郎さんを可愛がってて。そういう様が濵ちゃんと重なって。劇中の歌やアクロバットも含めて市場三郎は本当に濵田崇裕にしかできないなぁとしみじみ感じました。

だけど、舞台上にいたのは決して濵田崇裕ではなくて市場三郎。演じてるというよりは市場三郎が本当に存在してました。

市場三郎になるまでに上手くいかなかったり悩んだり色々あっただろう濵ちゃんを想うと感動と尊敬でいっぱいです。


飛び散る汗でキラキラ輝いてた時、最後の紙吹雪をキラキラした目で見上げてた時だけは濵田崇裕に見えて、それはまた感動ものでした。




観劇から1ヶ月経っても劇中の歌を口ずさんじゃうし、ホットパンツが頭の中をチラついてるし。個人的にはシューレスジョーさんのファーストへの牽制(紹介映像の時のやつ)がすごくツボだったんだけど、これわかる人どれくらいいたんだろう?笑


自慢じゃないけど私は尋常じゃなく記憶力が悪い。だから未だに場面や表情が鮮明に思い出せるのってすごいこと!そして思い出すだけで心が温まるし自然と笑顔になってる。それだけ面白くて心と記憶に残る舞台でした。




カンパニーのみなさん、最高の空間でたくさんの笑顔と元気をいただきました!本当に本当にありがとうございました!

グアム編で青い空と海を見られることを期待しております!




頼ることと、甘えること

頼ることと甘えることは似てるようで違う。先日のレコメン聞いてて思ったのは、照史くんちょっと甘えすぎではないかな??ということ。リスナーとの電話コーナーがぐだぐだですぐ村上くんに投げてたところでね、思ったの。

決して批判とかではなくて、あくまで感想なんですけど。




頼る=自分で考えて行動した上で、他人に教えてもらう。助けてもらうこと。


甘える=最初から相手がなんとかしてくれるだろうと期待し、それを当たり前と思っていること。



こないだの照史くんは後者かな、と。




ヒルナンデスもそうだけど、先輩から番組を引き継いだことで照史くんが悪いわけじゃないのに叩かれてるのは知ってるし悲しいなって思う。どっちも生放送で緊張してるのもわかる。だけど、「村上くんが公認してくれればいい」「村上くんが悩み解決してあげればいい」っていうのは違うかなって。村上くんも言ってたけど、照史くんが自分の力で認めてもらわないと意味ないんじゃないかな。それこそ叩かれてもしょうがなかなって。



リスナーと生電話したいって言ったのは照史くん。ヒルナンで村上くんがやってたコーナーやりたいって言ったのも照史くん。言ったからには自分で考えて自分の土俵を作ってほしい。村上くんのマネとか、へらへら笑って終わり、とかじゃなくてね。周りには立派な先輩も信頼できる仲間もたくさんいるんだし。いっぱい失敗していっぱい頼ってほしい。もちろんしんどいときは甘えていいんだし。辛かったり上手くいかないこともあると思うけど乗り越えたらひとまわり大っきくなれるし、それがグループの力にもなるし。照史くんのこと応援してくれてる人はたくさんいるんだから、批判ばかりに目を向けて腐らないでほしい。



とかなんとか偉そうに言ったけど今年は個々の露出も増えて大切な時期でそれぞれが成長できる時なんだと思うからさ。WESTのみんなには本当に本当に頑張ってほしいし応援したいんだ。



紫ジャスミンができるまで

えっっっびば〜でぃ!!!



はじめてのジャニストコン。ありがたいことに4公演、すべて違う会場に入ることができた。こんなに多ステしたライブは初めて。文頭のテンションの高さに特に意味はない。しげのこの掛け声(?)がどうにも好きで。



このツアーに行くまでは、ジャニーズWESTっていう関ジャニの弟分みたいな子たちがいて、その中の濵田くんが丸山くんに似ているというのでなんか気になるな〜程度だった。(わたしは丸山担のeighterでもある。)一発目ぇ(略)のDVDも観ていたけど元気でコテコテの関西ノリな子たちだな〜くらいの感想。それが気づけば番組、雑誌、ラジオをチェックするほどになっていた。



最初に入った横アリ公演。妹に誘われて行った席は外周の前から6列目。うちわも持たず曲も曖昧なまま行ったにわかのわたしにはもったいないほどの席。メンバーが走り回ってくるたび、肉眼で表情が見える程の近さにずっと口が開いてたと思う。そして前半最後のきみメロの時、そこは濵田くんのリフターの目の前。眩しいほどのライトを浴び、気持ちを込めるときに身体を折り、マイクを両手で大切そうに包みながらバラードを歌うその美しさ。この瞬間わたしは濵田崇裕という沼に頭から綺麗にダイブした。あのキラキラ輝いていた濵田くんは一緒忘れられない。



次の公演に入るまでにせっせとうちわを作り、プロフィールを調べ、何度もDVDを見返し、あっという間に紫ジャスミンの誕生である。ここで濵田くんから濵ちゃん呼びに変わる。(どーでもいい)


そこからの3公演は濵ちゃんをひたすら双眼鏡で追い、モニターに映ればさっと確認し、日本野鳥の会で活躍できるほどの素早さでロックオン。全体を見ようと思ってもつい彼を追いかけてしまう。途中からDVDで確認すればいいやってことで全体を見るのは諦めた。



MC中喋らなすぎてモニターに全然映らないから、あれ?今の時間彼いた?ってなる時もある。だけどいざ話を振られるとスベり倒しちゃう。…どんだけ緊張しいなんだ!そして照れ方がいちいち可愛いな!それなのに曲がかかると一瞬でかっこよくなるのがズルい。気持ちがぐわんぐわん揺さぶられる。濵田崇裕の中には2人の濵田がいる。


歌って踊るアイドル濵田くんと何言ってるのかわからないポンコツ濵ちゃん。


どっちが好きですか?

どっちも好きです。



そんなこんなでド新規のわたしが近くで見られただけでも満足なのにファンサももらえ、ジャニストに完全に狩られた今ツアーは終了。横アリであの席じゃなければ多ステするほどハマってなかっただろうなあ。


しばらくツアーはなさそうだけど、ついにパリピポの円盤が出るのでロスを紛らわせられそう。発売のタイミング、よく考えられてる。さすがジャニーズエンタテインメント。

舞台やドラマ、テレビラジオと彼らを見られる場も増えたし嬉しい限り。まだまだ目が離せない日が続く。